【北海道電力と電気プラスサポート】料金を比較

北海道電力と電気プラスサポートの電気代を比較

電気料金の内訳

電気代の構成ですが、主に3つの構成に分かれています。この3つを合計したものが毎月の電気代となります。

これはご契約アンペアに応じて掛かってくる料金です。1契約ごとにかかってきます。
これは、使用した電気の量に対してかかってくる料金です。
再生可エネルギーをの買取にかかる費用を利用者に負担して頂く制度です。地域によってばらつきがあります。電力量料金○○kwh×再エネ賦課金単価で計算されます。北海道電力管内だと1契約最初の9kWhまで26.82円、9kWhをこえる1kWhにつき2.98円がかかります。
 

【従量電灯B】一般家庭用の電気代を比較

※税込み価格

基本料金
契約A 北海道電力 電気プラス 得する金額

10A

341円 プラン無し
15A 511.5円 プラン無し
20A 682円 プラン無し
30A 1023円 1022.01円 0.99円
40A 1364円 1362.68円 1.32円
50A 1705円 1703.35円 1.65円
60A 2046円 2044.02円 1.98円
電力量料金(1kWhあたり)
  北海道電力 電気プラス 得する金額
最初の 120kWh まで(第 1 段階料金) 23.97円 23.85円 0.12円
120kWh を超え 280kWh まで(第 2段階料金) 30.26円 29.35円 0.91円
280kWh を超えたもの(第 3 段階料金) 33.98円 29.90円 4.08円

 

一般的な一人暮らし世帯(1カ月)

北海道電力の場合

基本料金
1,023円
電力量料金
4,842円
再エネ賦課金
551円
合計
6,416円
電気プラスサポートの場合

基本料金
1,703円
電力量料金
4,769円
再エネ賦課金
551円
合計
6,342円

毎年888円の得

単身世帯にはおすすめできません。
 

サポート

おすすめ度: 2.0単身家族世帯でも年間888円のメリットは出ます。十分なメリットが出ていないように思えます。「環境に優しい電力を使用したい」等の、強いご希望があれば電気プラスサポートをおすすめしますが、それがなければメリット金額を見るともっとおすすめの新電力があるように思えます。冬場、北海道では暖房器具に灯油を使用することが一般的ですが、エアコンなど電気を使用するような暖房器具を使用している場合は、メリット額が大きくなるので試算結果が変わってきます。

 

一般的な4人暮らし世帯(1カ月)

北海道電力の場合

基本料金
1,705円
電力量料金
11,795円
再エネ賦課金
1,192円
合計
14,692円
電気プラスサポートの場合

基本料金
1,421円
電力量料金
11,146円
再エネ賦課金
1,192円
合計
13,759円

毎年11,196円のお得!

ご家族が多く使用料金が多いお客様には適しています。
 

サポート

おすすめ度: 5第三段階の使用量料金のが重要です。第一段階と第二段階では、両電力会社とも差があまりありません。しかし、第三段階の単価の差が4.08円もあります。その為、それぞれの部屋にエアコンがついているとか床暖房を使用している等電気を多く利用しているご家庭では、とてもお得になります。それぞれのご家庭によって、違いが出てくるため詳しいお見積りをお勧めします。

 

 

【従量電灯C】商店やオフィスの電気代を比較

※税込み価格

基本料金 1kVA当たり
北海道電力 341円
電気プラスサポート 340.8円
得する金額 0.2円
電力量料金(1kWhあたり)
  北海道電力 電気プラス 得する金額
最初の 120kWh まで(第 1 段階料金) 23.97円 23.24円 0.73円
120kWh を超え 280kWh まで(第 2段階料金) 30.26円 28.74円 1.52円
280kWh を超えたもの(第 3 段階料金) 33.98円 30.56円 3.42円

 

小規模の飲食店(1カ月)

北海道電力の場合

基本料金
4,774円
電力量料金
38,979円
再エネ賦課金
3,576円
合計
47,329円
電気プラスサポートの場合

基本料金
4,771円円
電力量料金
35,502円
再エネ賦課金
3,576円
合計
43,849円

毎年41,760円のお得!

使用量の多い冷蔵庫やエアコンをつけたままにする業種におすすめ
 

サポート

おすすめ度: 5なんといっても使用量料金の差が大きく出ました。オフィスなどエアコンをつけたままにするような事業所に適しています。コンビニ・飲食店・オフィス等の業種におすすめです。最近は、夏場に北海道でもエアコンの使用率が高まっています。それに伴い、これまでかかっていなかった夏場の電気代も上昇傾向です。その対策の一つとして、新電力への切り替えをご検討されてもよいかもしれません。

 

【低圧電力】小規模工場等の電気代を比較

基本料金 1kW当たり
北海道電力 1,287円
電気プラスサポート 1,120.37円
得する金額 166.63円
電力量料金(1kWh当り)  
北海道電力 17円67銭
電気プラスサポート 17円67銭
得する金額 0円

小規模町工場(1カ月)

北海道電力の場合

基本料金
51,351円
電力量料金
7,951円
再エネ賦課金
1,341円
合計
60,643円
電気プラスサポートの場合

基本料金
44,702円
電力量料金
7,951円
再エネ賦課金
1,341円
合計
53,994円

毎年79,788円のお得!

北海道電力に比べ166円も基本料金が安い
 

サポート

おすすめ度: 5低圧電力の使用量料金は、全く一緒です。低圧電力は、工場等の動力用の電力です。しかしながら動力がずっと長時間にわたって動き続けることは少なく、基本料金がほとんどを占めています。低圧電力の電気代を下げたいと思ったら、基本料金が安い電力会社を選ぶのがお勧めです。当社なら北海道電力よりも「166円/1kw当たり」も安い為ピッタリです。

北海道電力と電気プラスサポートの電気代を比較
お得な情報をGETしよう!
>「安心・安定・安全」の電気プラスサポート

「安心・安定・安全」の電気プラスサポート

電気代が気になり始めたら、当社にお任せ。無料で確実な電気代削減を実現。面倒な切り替え作業は、すべて専任の担当者が行います。正規代理店だからこそできるお得なキャンペーンも多数あり。他社の新電力に切り替え済の方も見直すチャンス!

CTR IMG