【東北電力と電気プラスサポート】料金を比較

東北電力と電気プラスサポートの電気代を比較

電気料金の内訳

電気代の構成ですが、主に3つの構成に分かれています。この3つを合計したものが毎月の電気代となります。

これはご契約アンペアに応じて掛かってくる料金です。1契約ごとにかかってきます。
これは、使用した電気の量に対してかかってくる料金です。
再生可エネルギーをの買取にかかる費用を利用者に負担して頂く制度です。地域によってばらつきがあります。電力量料金○○kwh×再エネ賦課金単価で計算されます。東北電力管内だと、2.98円/kWhがかかります。
 

【従量電灯B】一般家庭用の電気代を比較

※税込み価格

基本料金
契約A 東北電力 電気プラス 得する金額

10A

330円 プラン無し
15A 495円 プラン無し
20A 660円 プラン無し
30A 990円 990円 0円
40A 1320円 1320円 0円
50A 1650円 1650円 0円
60A 1980円 1980円 0円
電力量料金(1kWhあたり)
  東北電力 電気プラス 得する金額
最初の 120kWh まで(第 1 段階料金) 18.58円 18.58円 0円
120kWh を超え 300kWh まで(第 2段階料金) 25.33円 24.95円 0.38円
300kWh を超えたもの(第 3 段階料金) 29.28円 26.28円 3円

 

一般的な一人暮らし世帯(1カ月)

東北電力の場合

基本料金
990円
電力量料金
3,876円
再エネ賦課金
551円
合計
5,417円
電気プラスサポートの場合

基本料金
990円
電力量料金
3,851円
再エネ賦課金
551円
合計
5,392円

毎年300円の得

単身全くおすすめできません。
 

サポート

おすすめ度: 1.0年間メリット額が300円だと、他の新電力をお勧めします。もしくは、東北電力の中のお得になるプランを選ばれたほうがいいかもしれません。ただし、新電力の会社によっては電気代が高くなる可能性もあるので注意しましょう。

 

一般的な4人暮らし世帯(1カ月)

東北電力の場合

基本料金
1,650円
電力量料金
9,717円
再エネ賦課金
1,192円
合計
12,559円
電気プラスサポートの場合

基本料金
1,650円
電力量料金
9,348円
再エネ賦課金
1,192円
合計
12,190円

毎年4,428円のお得!

差は使用量です
 

サポート

おすすめ度: 4テレワーク等でエアコンや電灯の仕様機会が増えています。そうなると、今後使用量が大幅に増えてくることが予想されます。基本料金は同じですが、使用料金が安い電力会社に切り替えるのがお勧めです。電気プラスサポートだけでなく、他の新電力と検討したうえで、変更されることをおすすめします。

 

 

【従量電灯C】商店やオフィスの電気代を比較

※税込み価格

基本料金 1kVA当たり
東北電力 330円
電気プラスサポート 330円
得する金額 0円
電力量料金(1kWhあたり)
  東北電力 電気プラス 得する金額
最初の 120kWh まで(第 1 段階料金) 18.58円 18.58円 0円
120kWh を超え 300kWh まで(第 2段階料金) 25.33円 25.21円 0.12円
300kWh を超えたもの(第 3 段階料金) 29.28円 26.48円 2.8円

 

小規模の飲食店(1カ月)

東北電力の場合

基本料金
4,620円
電力量料金
33,141円
再エネ賦課金
3,576円
合計
41,337円
電気プラスサポートの場合

基本料金
4,620円
電力量料金
30,599円
再エネ賦課金
3,576円
合計
38,795円

毎年30,504円のお得!

冷暖房の効いた飲食店等におすすめ
 

サポート

おすすめ度: 5基本料金は変わりませんが、第三段階の使用料金が大きく異なります。長時間にわたって電気を使用する、飲食店やショップ等におすすめです。電気プラスサポートでは、環境に優しい電力を使用しています。ストローなどを無くしたり紙製のものにしているような飲食店では、「環境に優しい電力」を使用していることをアピールすれば、イメージアップにもつながります。

 

【低圧電力】小規模工場等の電気代を比較

基本料金 1kW当たり
東北電力 1,265円
電気プラスサポート 1176.45円
得する金額 88.55円
電力量料金(1kWh当り) 夏季 その他季
東北電力 15.95円 14.50円
電気プラスサポート 15.95円 14.50円
得する金額 0円 0円

小規模町工場(1カ月)

東北電力の場合

基本料金
50,473円
電力量料金
6,525円
再エネ賦課金
1,341円
合計
58,339円
電気プラスサポートの場合

基本料金
46,940円
電力量料金
6,525円
再エネ賦課金
1,341円
合計
54,806円

毎年42,396円のお得!

東北電力に比べ88円も基本料金が安い
 

サポート

おすすめ度: 5低圧電力の使用量料金は、どこの会社もさほど変わりません。低圧電力の場合、基本料金が安いところを選ぶのが正解です。低圧電力を利用しているところの特徴として、使用量料金が低いというものがあります。負荷設備契約では、設置している機会に対して基本料金が発生します。機械が止まっている時間が長かったり、年に数回しか使わない機会があるなどもったいない事だらけです。今すぐの見直しをお勧めします。

東北電力と電気プラスサポートの電気代を比較
お得な情報をGETしよう!
>「安心・安定・安全」の電気プラスサポート

「安心・安定・安全」の電気プラスサポート

電気代が気になり始めたら、当社にお任せ。無料で確実な電気代削減を実現。面倒な切り替え作業は、すべて専任の担当者が行います。正規代理店だからこそできるお得なキャンペーンも多数あり。他社の新電力に切り替え済の方も見直すチャンス!

CTR IMG