【中部電力と電気プラスサポート】電気代を比較

中部電力と電気プラスサポートの電気代を比較

電気料金の内訳

電気代の構成ですが、主に3つの構成に分かれています。この3つを合計したものが毎月の電気代となります。

これはご契約アンペアに応じて掛かってくる料金です。1契約ごとにかかってきます。
これは、使用した電気の量に対してかかってくる料金です。
再生可エネルギーをの買取にかかる費用を利用者に負担して頂く制度です。地域によってばらつきがあります。電力量料金○○kwh×再エネ賦課金単価で計算されます。中部電力管内だと、2.98円/kWhがかかります。
 

【従量電灯B】一般家庭用の電気代を比較

※税込み価格

基本料金
契約A 中部電力 電気プラス 得する金額

10A

286円 283.14円 2.86円
15A 429円 424.71円 4.29円
20A 572円 566.28円 5.72円
30A 858円 849.42円 8.58円
40A 1144円 1132.56円 11.44円
50A 1430円 1415.70円 14.3円
60A 1716円 1698.84円 17.16円
電力量料金(1kWhあたり)
  中部電力 電気プラス 得する金額
最初の 120kWh まで(第 1 段階料金) 21.04円 20.96円

0.08

120kWh を超え 300kWh まで(第 2段階料金) 25.51円 24.27円 1.24円
300kWh を超えたもの(第 3 段階料金) 28.46円 25.78円 2.68円

 

一般的な一人暮らし世帯(1カ月)

中部電力の場合

基本料金
858円
電力量料金
4,182円
再エネ賦課金
551円
合計
5,591円
電気プラスサポートの場合

基本料金
849円
電力量料金
4,092円
再エネ賦課金
551円
合計
5,492円

毎年1,188円の得

単身世帯にはおすすめできません。
 

サポート

おすすめ度: 1.0単身家族世帯でも年間メリットは出ます。ですが、十分なメリットが出ていないように思えます。「環境に優しい電力を使用したい」等の、強いご希望があれば電気プラスサポートをおすすめしますが、それがなければメリット金額を見るともっとおすすめの新電力があるように思えます。中部電力は、様々なプランを用意してあります。ガスとまとめてなど、お得なプランもございますので調べてみてください。

 

一般的な4人暮らし世帯(1カ月)

中部電力の場合

基本料金
1,430円
電力量料金
9,961円
再エネ賦課金
1,192円
合計
12,583円
電気プラスサポートの場合

基本料金
1,415円
電力量料金
9,461円
再エネ賦課金
1,192円
合計
12,068円

毎年6,180円のお得!

ご家族が多く使用料金が多いお客様には適しています。
 

サポート

おすすめ度: 5なんといっても使用料金の安さがお得感を引き立てています。家族が増えるとそれに伴い使用する電気も増えます。部屋数も増える為、夏場や冬場はエアコンの使用頻度が増え、金額も大きな負担になってきます。その対策として、使用料金の安い電気プラスサポートは、すごく適しています。また、上記の数字は去年までの平均の数値なので、今年はさらにコロナの影響でなおさら電気代がかかる傾向にあります。早めの対策をお勧めします。

 

 

【従量電灯C】商店やオフィスの電気代を比較

※税込み価格

基本料金 1kVA当たり
中部電力 286円
電気プラスサポート 283.14円
得する金額 2.86円
電力量料金(1kWhあたり)
  中部電力 電気プラス 得する金額
最初の 120kWh まで(第 1 段階料金) 21.04円 20.96円 0.08円
120kWh を超え 300kWh まで(第 2段階料金) 25.51円 24.27円 1.24円
300kWh を超えたもの(第 3 段階料金) 28.46円 25.78円 2.68円

 

小規模の飲食店(1カ月)

中部電力の場合

基本料金
4,004円
電力量料金
32,730円
再エネ賦課金
3,576円
合計
40,310円
電気プラスサポートの場合

基本料金
3,963円
電力量料金
30,085円
再エネ賦課金
3,576円
合計
37,624円

毎年32,232円のお得!

特に飲食店や商店におすすめです
 

サポート

おすすめ度: 5冷蔵庫やエアコンなどずっとつけたままの機械も多数あります。そういう施設には、使用量料金の安い当社がお勧めです。中電と比べ使用量料金が毎月3000円程安くなっています。そこが年間メリットにつながっています。飲食店は毎月1000円のメリットを出すために大変な経営努力を行っています。リスクなくできる経費削減が、新電力への切替えです。一度、試算して頂くことをおすすめします。

 

【低圧電力】小規模工場等の電気代を比較

基本料金 1kW当たり
中部電力 1144円
電気プラスサポート 1029.60円
得する金額 114.4円
電力量料金(1kWh当り) 夏季 その他季
中部電力 17.01円 15.46円
電気プラスサポート 17.01円 15.46円
得する金額 0円 0円

小規模町工場(1カ月)

中部電力の場合

基本料金
45,654円
電力量料金
6,957円
再エネ賦課金
1,341円
合計
53,952円
電気プラスサポートの場合

基本料金
41,081円
電力量料金
6,957円
再エネ賦課金
1,341円
合計
49,379円

毎年54,876円のお得!

中電に比べ114円も基本料金が安い
 

サポート

おすすめ度: 5低圧電力の使用量料金は、どこの会社もさほど変わりません。低圧電力は、工場等の動力用の電力です。しかしながら動力がずっと長時間にわたって動き続けることは少なく、基本料金がほとんどを占めています。低圧電力の電気代を下げたいと思ったら、基本料金が安い電力会社を選ぶのがお勧めです。当社なら中電よりも「114円/1kw当たり」も安い為ピッタリです。

会社の電気まだ変えてないなら今すぐに電気プラスサポートでお見積りを

中部電力と電気プラスサポートの電気代を比較
お得な情報をGETしよう!
>「安心・安定・安全」の電気プラスサポート

「安心・安定・安全」の電気プラスサポート

電気代が気になり始めたら、当社にお任せ。無料で確実な電気代削減を実現。面倒な切り替え作業は、すべて専任の担当者が行います。正規代理店だからこそできるお得なキャンペーンも多数あり。他社の新電力に切り替え済の方も見直すチャンス!

CTR IMG